So-net無料ブログ作成
検索選択

シトロエンC4(B75)のドアトリムを取り外す為の備忘録 [クルマ]

表題の通りです。

あくまでも個人的な記録ですので参考になされる方は自己責任で。

・ドアノブ周りの化粧カバー取り外し

リムーバーを差し込んで引き上げるととれます。

C4Fdoor01.jpg


・パワーウインドウスイッチ&グリップassy取り外し

C4Fdoor02.jpg

グリップの底にあるカバーを取り外します。
精密ドライバー(-)を隙間に垂直に刺し、カバーの中心に向かって押すようにしながら引き上げるとダメージを最小限に抑えられるかと思いますが、無傷で取り外すのは難しいかと思います。
(気になる方は新品のカバーをディーラーで注文されるのが無難かと思います。)

トルクスビス(T20)が顔を出しますので取り外します。

C4Fdoor03.jpg


・トリムサイドの目隠しビス取り外し(2カ所)

精密ドライバー(-)でカバーを外して

C4Fdoor04.jpg

トルクスビス(T20)を外します。

C4Fdoor05.jpg


・トリム取り外し

リムーバー(内装剥がし)でトリムを外します。

C4Fdoor06.jpg

上手く外すコツは、薄いリムーバーを差し込んでトリムを浮かし、クリップの位置を目視確認しつつ、先割れタイプのやや頑丈なリムーバーをクリップ部分に差してテコの原理でバキッと外すことでしょうか。
クリップ部分をピンポイントにねらうことでクリップの破損を最小限に抑えられるかと思います。


クリップは7カ所あります。

C4Fdoor07.jpg


ドアの側はこんな感じ。

C4Fdoor11.jpg


まとめると、
1,ドアノブ周りの化粧パネル
2.グリップ底のトルクスビス(1本)
3.トリムサイドのトルクスビス(2本)
4.ドアトリムのクリップ(7カ所)
ってな感じで。

ドアトリムは上から引っかかるような感じで止まっているので、クリップが外れたら手前に引くのではなく、上に持ち上げるようにすると外れます。


スピーカーを取り付けるにあたり、スピーカー取り付け穴部分の実測値は以下の通り。

C4Fdoor08.jpg

C4Fdoor09.jpg

C4Fdoor10.jpg


スピーカーの取り付けはリベットではなくビス止め。
穴は3カ所。

C4Fdoor12.jpg

取り付けビス穴が配置されている円周直径を記録し忘れました。(汗

取り付け可能なスピーカーについてですが、取付穴径140mm未満であれば日本で一般的な17cmスピーカーが取り付け可能。ただし穴位置があわないのでアダプターが必要になります。(無加工で流用できる市販のアダプターがあるかどうかは不明。)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
私、夕日亭西日はこのブログ内の記事、画像等について著作権を放棄しておりません。 一部の画像が営利サイトで利用されているのを確認いたしましたので、本意ではありませんがこの様な注意喚起を掲載させて頂くことにしました。 個人的利用の範囲であれば無論問題ありませんのでどうぞご自由にお使いください。 ルールとマナーを守って楽しいネットライフを。

店主、西日の独り言をぼちぼちたれながします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。